2008年04月26日

サフ吹き用に最適!?「プロコンBOY LWA トリガータイプダブルアクション」

うおー今月入ってからの記憶がねぇー!
ってぐらい仕事キツキツだったので、ここいらで気分も新たに 一念発起して以前から欲しかったサフ吹き用のエアブラシを購入してみました。


買ったのはGSIクレオス製「プロコンBOY LWA トリガータイプダブルアクション」0.5mmノズルのタイプです。 塗装作業自体にさほどこだわりはないのですが、エアブラシは断然トリガー派。 指が疲れにくいのが一番のメリットですが、トリガーを引く動作にも愛着があります。 選んだポイントはメカメカしい外観と大型のレバー類、グリップなしモデルの3点。 グリップなしなのはエアテックスの「ハンドグリップエアフィルター」を取り付けて使うためです。サフ吹きメインに使う予定なので大型のカップが嬉しい感じ。


なんだかわりとしっかりした箱に入っててビックリ。平吹き用と丸吹き用の2種類のノズルが入っていますが 基本は丸吹き用を使うかな。あとはエアー缶の接続アタッチメントと「1/8(S)-PS細」ホースが付属。


こちらは普段使っているエアブラシ。
メインにオリンポスの「HP-102B」、サブでタミヤの「スプレーワークスHG」を持っていますが、実質使っているのはオリンポス1本。 これが元々模型用に作られているわけではないので構造が複雑な分メンテナンスが面倒で、サフなど吹こうとしたらもう大変。 特に横付けカップのあたりに粒子が沈殿するとなかなか落ちなくて難儀していたんですよ。 いや、普通に塗装する分には便利なんですけどね、横付けカップ。 なので、これからはその辺、かなり解消してくれるんじゃないかな〜なんて期待してます。 実際使ってみるのはもうちょっと先になりそうなので、とりあえず今はグリップを確かめながら(・∀・)ニヤニヤ。

posted by タケト at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

気になる

オリンパス、水深5m防水になった耐衝撃デジカメ「μ725SW」 [Impress デジカメWatch]

うはっwwwwテラカッコヨスwwwwww(・∀・)。
手ブレ補正は付いてないので、今回の僕のオーダから外れているのですが、 デザインは本当格好良いですな〜。個人的には「ワインレッド」が超好み。 アウトドア使用だったらこんなん良いな〜。

posted by タケト at 01:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ひとりセンターCX

うだうだモニタの前で悩むより、いっちょ実機を触ってみんべぇ!ってな訳で 千葉のヨドバシカメラへデジカメおさわりツアーの旅へ行って来ました。


でも、なぜか買ってしまった「ゲームボーイミクロ」orz。
何故に今さら・・・。しかも我ながらかなりベタ過ぎるファミコンカラーバージョン。

いや、暫く前から製作中は「ゲームセンターCX」のDVDを流しっぱなしにしていて、 懐ゲーやりたい欲求がかなりMAXだったってのもあるんですが、 展示機で触った「ミクロ」の液晶が意外なほど鮮明で綺麗だった事と、 「DS lite」に比べ、カチカチとはっきりしたボタンの押し心地が大変気に入って衝動買いしてしまいました。 ずっとやりたかった「マリオ」も出来るし、結構懐ゲーの類も出ているのが嬉しい感じ。

ゲームハードを買うなんて「プレイステーション」買った時以来ですから もうかれこれ7年ぶりぐらいになるでしょうか。 さて、これで僕も有野課長に負けない様に懐ゲーやりまくるぞー! まずは「マリオ1」に「マリオワールド」、「神々のトライフォース」も気になるし、 「MOTHER」はやったことないので是非プレしてみたいところ。そうそう「魔界村」はソフト出てるのかしらん? なんてかなりワクテカで帰ったんですけど、
カミさんが一緒に買った「リズム天国」に大ハマり中。

( ゚д゚)いや、それ僕の「ミクロ」なんですけど・・・。

(;゚д゚)正直、買ってまだ10分もプレイしてないんですけど・・・。
  _, ._
(;゚ Д゚)ってか僕が満足にプレイする前にドット抜けとか発見するのマジ勘弁!!

ゲーマーへの道は長く辛く険しいっス!
ってか自分用の「DS」早く買って下さいよ>カミさん。

posted by タケト at 01:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

手ブレ補正機能の付いたコンパクトデジカメが( ゚д゚)ホスィ…

最近ちょっと、モチベーションアップの意味もこめて(←この言い訳超重要) メイン機の他に持ち運びに便利でパッと撮れるデジカメが欲しいかな〜なんて思い始めました。 いや、そしたら現在の作業状況とか、気になった商品とか、パパッと撮ってブログにアーップ。で更新〜。 みたいな事出来るじゃないですか。いちいち機材用意する手間も省けるしお手軽じゃないですか。

実は僕、デジカメでまったく写真の撮れない人でして、三脚なんかでしっかり固定すれば問題ないんですけど、 フリーハンド(?)で撮ろうと思うとほぼ99%手ブレを起こして使い物にならない写真ばかり撮ってしまうんですよ。 折角イベントなんかに行って写真撮って来ても、元の形すら判別不能な写真ばっかりでかなりのガッカリ砲。 でもなんか最新技術の「手ブレ補正」ってのが付いていればそんなお悩みとも今日でおさらばらしいじゃないですか。 あの頃の貧弱な坊やとは違うじゃないですか。

そんな訳で今回は、コンパクトタイプながら是非とも念願の「手ブレ補正」がバッチリ利いていて、 主な用途の室内撮りでもノイズ少なめのものを戴きたい! ってな感じで調べてみたところ、

パナソニック「LUMIX DMC-FX07」
キャノン「IXY DIGITAL L4
カシオ「EXILIM ZOOM EX-Z1000」
ニコン「COOLPIX S8」

あたりが気になりました。
「LUMIX DMC-FX07」は強固な手ブレ補正機能が魅力ですが、 インプレスのレビュー(ここここいらへん)なんかを見ると ISO感度を上げて行くと画質的にはかなり厳しい感じが・・・。 室内撮りメインの用途にはちと使い難いのかも?(;・∀・)。

「Canon IXY DIGITAL L」はカラーバリエーションも豊富で、持ち運びが楽しい感じなのですが、 肝心の手ブレ補正機能がついていないのが残念。でもデザイン的にはかなり好き。

「EXILIM ZOOM EX-Z1000」、「COOLPIX S8」は薄型でバックの隅に潜ませておいても全然苦にならない感じがとっても魅力的。 この2つからだったら画質的にも評価の高いニコンの方が良いかな〜って感じですけど、 搭載されている手ブレ補正「VR機能」ってのが結構独自仕様っぽくて、 実質どれぐらい効果があるのかってところがわからないのがちょっと心配。 ここさえクリアになればかなり理想的なんですけどね〜。

あ、あとリコーの「Caplio R5」もちょっと気になるところ。
う〜んどれが良いのか、はたまたペンディングか・・・(悩)。

posted by タケト at 03:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

リボルテックNo.010「イングラム1号機」


やっぱり1号機といったらリボルバーカノンよりこれでしょう!って感じ。

ついに発売になりましたリボルテック「イングラム1号機」。 パトレイバー直撃世代の1人としてこれはもう買うしかなかんべぇよ! という事で早速購入、ガシガシ遊んでみました。

箱から出してみてまず、肩が前気味についているので素立ちのポーズは正直今ひとつかもな〜(失礼!)なんて思いましたが 肩パーツをちょっとでも動かしたら印象は激変! アニメ版の動きのように兎に角派手なポーズがガンガン決まるのが気持ち良い! 射撃ポーズはもちろんの事スタンスティックをシールドから引き抜いたり、構えたり、ブッ刺したり 兎に角ありとあらゆるポーズがガシガシ決まります。 考えてみればパトレイバーって腕を前に出したポーズが多いから、これはこれで正解なんだと深く納得。

「パトレイバー」は僕らの世代に多大な影響を与えた作品なので物凄く思い出深いですし、 正直「パトレイバー」を知っている世代ってガンダムものなんかに比べたら物凄くニッチな所なので これだけ楽しめるおもちゃを出してくれた事自体がもう涙ものですよ。

そんなこんなでリボルテックでイングラムの発売が公表されてからずっと 『パトレイバー見たい病』が再発している僕なのです。やっぱりDVD買っちゃおうかな・・・。 そしてまた「MGパトレイバー」シリーズも作りたいと思って密かに探しているのですが やっぱり今さら感は否めず、どこにも見当たらず。 これを機に再販とかないですかね・・・。

posted by タケト at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

初めての英語キーボード FILCO Majestouch「マジェスタッチ」FKB104M/EB


もうかれこれ1ヶ月ほど前から欲しい欲しいと思いながらも、ずっと品切れ状態だった FILCOの「Majestouch(マジェスタッチ)FKB104M/EB」がようやく再入荷したとの事だったので早速買って来ました。しかも自宅用と仕事場用に2本。『そんなに買うやついねぇよ!』と思わず突っ込まれてしまいましたが(・∀・)キニシナイ!! 。

ここ暫く自宅では、FILCOの「ZERO」というキーボードを愛用していたのですが、使っているうちにちょっとプチ不満点もちらほら見え始めてきたといいますか、ぶっちゃけ長文のテキスト打ちにまったく向かないんですよコレヽ(`Д´)ノ。そもそも「ZERO」は、メカニカル特有のいかにもボタンを押しています!って感じの「カチカチ」とした明確なクリック感が魅力だったんですけど、その分キーを押すのに結構な力が必要で、キー1つ1つならまだしも長い文章打つにはかなりの気合が必要。いや〜試し打ちの時はクリック感の素晴らしさに気をとられていて、キーボードって本来は長時間キーを打ちまくってなんぼだって事に気が付いていなかったですよ(←最初から気付けよ<俺)。

でもメカニカルの感触は好きだし、捨てがたいし、そんな感触を保ちつつ、高速タイピングに追随してくれて、格好良くて、クールで、打鍵感の素敵な感じで、贅沢言うとスペースキーが横に長くて、その割全体はコンパクトかつミニマムに納まってもう思わずブログを毎日更新したくてたまんなくなっちゃうぐらいのキーボードを『おやっさん!助けてレンタルプリーズ!』ってな感じで良さげな何かってないー?と探した所、やっぱりこれにたどり着いてしまいました。

このキーボード、かなりのヒット作なのでご存知の方も多いかと思いますが、全軸ドイツCherry社の、いわゆる「茶軸」と呼ばれる軸を採用していて、その打鍵感は正に折り紙付き!(個人的にも茶軸の打鍵感が一番好みですね)。しかも全体の剛性がかなり高く、キーを押し込んでもぐらつく感じがなく高速でキーを打っても全然ぶれがないですし、全体のつや消し塗装も見た目の高級感をグッとアップさせ、かつタイピング時にキートップが程よく指にひっかかってこれまた正確なタイピングをサポートしてくれるといった素敵仕様。とりあえず買って来て1週間ほど使ってみましたが、タイピングの追随性も申し分なく、軽いタッチで触れても認識率が高く、かつ底打ちしなくても良いのでだいぶ指の負担も軽い感じ。長時間のタイピングでもほとんど疲れたりしませんね。

高級キーボードの代名詞と言えば東プレの「Realforce(リアルフォース)」が言わずと知れた最高峰ですが、個人的にはこのマジェスタッチでFAかな〜って感じです。キータッチもこちらの方が断然好みですしね。丁度良い押し戻し感と「スコンスコン」と小気味良いキータッチに久々感激してしまいました。思わず予備にあと2、3本買ってしまおうかな〜なんて思ってしまうぐらい(←まだ買うつもりかよ<俺)。

posted by タケト at 05:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 物欲日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。